さくら燦works library

染色による作品たち

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
作品No:142 12:48
JUGEMテーマ:アート・デザイン
  晴天の霹靂のように あることを思いついた。

不思議なことに、それはそういう人生を進むようになっていたかのように自然にふっと思いついた。

それまで捨てることができないと捨てる選択肢にも入っていなかったことが その思いつきによってすんなりと手放せるような気がした。
 
その思いつきを実行した場合のイメージがすごく沸いた。

今年は何かそういう背中を押されるような不思議が力に導かれているかのようだ。

手放すものと新しい始まり。

前からちょっとは浮かんでは消え浮かんでは消え、本気度30%だったものがその日の思いつきの本気度は90%に思えた。
あとの10%はやっぱり淋しさもあるのかな。

もうちょっと自分の中でゆっくり考えてから人に話そうと思った。

なのに。
 
1週間以内にその決断を大事な人たちに話してしまっていた。

言うつもりはまだなかったのに、勝手に口からその言葉が出てきたとしかいいようがない。
 
人に話したことによってその思いつきは現実度がぐんぐんあがる。

その思いつきから約2週間。
 
ほぼ覚悟はできました。
 
あとは実現するのみです。
 
実行は来年になります。
 
それまでは今できることを、精一杯。
| アート・デザイン | comments(0) | - | posted by さくら 燦
スポンサーサイト 12:48
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>